イラストレーター(AdobeIllustrator)ベジェ曲線講座どどファクトリー

イラストレーター(AdobeIllustrator)講座
初めてのイラストレーター(AdobeIllustrator)講座
3DCGのススメ
イラストレーター(AdobeIllustrator)講座掲示板
イラストレーター(AdobeIllustrator)展示室
イラストレーター(AdobeIllustrator)ベジェ曲線初級編
イラストレーター(AdobeIllustrator)ベジェ曲線応用編
shade初級編へ
吹き出し
Illustratorベジェ曲線講座工場長

12.実際にIllustratorのベジェ曲線を読み込む

ShadeとIllustratorは基本がベジェ曲線なので、ShadeでIllustratorのファイルを利用することができます。Illustrator側で準備できたら、実際に読み込んでみましょう。

Shadeで直接アドビ イラストレーター(Adobe Illustrator)のファイルを開くことはできません。Shadeで新規のファイルを作成するか、既存のShadeファイルを開いておいてください。ここで作成した(または開いた)ファイルの中にイラストレーターのパスが読み込まれます。

Shadeのメニューから[ファイル/インポート/ EPSF]で読み込みます。読み込まれたパスの大きさが小さ過ぎるようであれば、データ全体を拡大しておくと作業がやりやすくなります。10倍、または100倍にしておくと、パーツ寸法の計算が簡単になります。

すると、すべての線形状が「閉じた線形状」になっています。イラストレーター上でオープンパスであっても、Shadeで読み込んだ段階では始点と終点がつながった「閉じた線形状」になります。

「開いた線形状」として使用する場合は、個々の線形状の「形状情報」で、閉じた線形状のチェックを外してください。すると始点と終点を結ぶセグメントが消えて「開いた線形状」になります。

前もってイラストレーター上で、クローズパスのアンカーポイントを一箇所「はさみツール」で切っておくと、そこが線形状の始点と終点になります。クローズパスのセグメントを削除しておくと、そのセグメントの両端が始点と終点になります。

Illustratorベジェ曲線の始点と終点制御

上記のようにイラストレーター上でセグメントを削除しても「閉じた線形状」として読み込まれるので、削除した部分は自動的に補完されることになります。(しかし削除した部分は直線で補完されるので、曲線を削除した場合は修正が必要となります)

2つの方法の違いは上記の四角の例だと、はさみで切るとアンカーポイントが5点に、セグメントを削除するとアンカーポイントが4点になるということです。これは四角を掃引体にして自由曲面に変換したときに、線形状の数が、それぞれ5本と4本になります。どちらが良いかはケースバイケースですし、加工すれば、どちらにも変更できるので大したことではないですが、知っていると手間が省けます。

中マド(複合パス)として使用する場合は、中の線形状の「形状情報」で、穴にチェックを入れておきましょう。

Shadeの形状情報

「読み込みの準備」のときにも触れましたが、中マド(複合パスは)読み込んだときに無視されます。そのためShadeで再設定する必要があります。下記のポイントを押さえて再設定してください。

Shadeの形状情報_穴

●「穴」にあたる形状の情報パネルで、「穴」チェックボックスを入れてください。

●「本体になる形状」と「穴になる形状」は同じパートに入れてください。

●ブラウザ上で線形状の順序を確認してください。「本体になる形状」よりも「穴になる形状」が下になります。

うまく穴にならないときは、3つのポイントを満たしているかチェックしてみましょう。

*

これで、イラストレーターのパスを「線形状」として使用することができます。


Copyright(c) 2004-2016 D Factory. All rights reserved.