イラストレーター(AdobeIllustrator)ベジェ曲線講座どどファクトリー

イラストレーター(AdobeIllustrator)ベジェ曲線講座
イラストレーター(AdobeIllustrator)講座
3DCGのススメ
イラストレーター(AdobeIllustrator)講座掲示板
イラストレーター(AdobeIllustrator)展示室
初めてのイラストレーター(AdobeIllustrator)講座
イラストレーター(AdobeIllustrator)ツールパネル
吹き出し
Illustratorベジェ曲線講座工場長

1.Illustratorとは?

アドビ イラストレーターは道具です。

グラフィックデザイナーやイラストレーターには必須ソフトという感じですが、アドビ イラストレーターをマスターすればグラフィックデザイナーやイラストレーターになれるということではありません。あくまでもアドビ イラストレーターは画材の一種で、単なる「道具」だからです。

ちなみに、イラストレーターでできることは4つだけです。

 1.線を描く

 2.線に色を付ける

 3.文字を並べる

 4.写真を貼る

1と2で出てきた線は「ベジェ曲線」と呼ばれる特殊な線です。この「ベジェ曲線の描き方」「イメージ通りのものを作るために、上の4つをどのように組み合わせるのか」を知ることが、イラストレーターを学ぶということになります。

*

イラストレーターの使用例として、旅行用のチラシを作ります。作業の流れがつかめればOKです。

まず、円などの形を組み合わせてキャラクターを構成します。

色を全く付けないベジェ曲線だけの状態だと、下図のようになります。

顔と髪の毛のように異なる色の場合は、重なった部分が隠れます。体と腕とは別々の形ですが、同じ色なので重ねると一体化しているように見えます。

次に文字を用意します。文字は直接キーボードから入力できます。

ベジェ曲線で作った形の上に文字を重ねることもできます。作例では、円の上に「Aプラン」の文字を重ねています。

チラシの背景には写真を使いました。写真も、線や文字同様に、並べたり重ねたりして使用できます。

今までのパーツを全て重ねると、下のようになります。

右上にロゴマークを入れて完成です。

簡単な例ですが、このまま印刷して旅行代理店のブースに並べることも可能です。(もちろん、これを見た人に「南国に行きたい!」と思わせるかどうかは別問題ですけれど…)

*

必要な部材を揃え、順番に重ねていくのがイラストレーターの作業の大まかな流れです。

課題1-1:アドビイラストレーターを起動してください。

次のページから、各機能の詳しい説明を行います。



Copyright(c) 2004-2018 D Factory. All rights reserved.