イラストレーター(AdobeIllustrator)ベジェ曲線講座どどファクトリー

イラストレーター(AdobeIllustrator)ベジェ曲線講座
イラストレーター(AdobeIllustrator)講座
3DCGのススメ
イラストレーター(AdobeIllustrator)講座掲示板
イラストレーター(AdobeIllustrator)展示室
初めてのイラストレーター(AdobeIllustrator)講座
イラストレーター(AdobeIllustrator)ツールパネル
吹き出し
Illustratorベジェ曲線講座工場長

4.ファイルを保存する

時々、保存する習慣をつけましょう。

イラストレーターに限りませんが、パソコンで作業をする場合は、時々、保存することを心がけましょう。

何らかの原因でアプリケーションが異常終了することがあります。突然、前触れもなく終了してしまいますので、それまでの作業が全て水の泡と消えてしまいます。

時々保存しておくと被害を最小限に抑えられますので、こまめに保存しておきましょう。

課題4-1:[command]+[s]キー(Mac)/[Ctrl]+[s]キー(Win)で保存しましょう。

「ファイル」メニューから「保存」を選んでも構いませんが、こまめに保存するために、ぜひ、ショートカットキーの使用をお勧めします。

〔CS4 Mac版〕

初めて保存するときは、「別名で保存」ダイアログボックスが出ます。ファイルの名前と、ファイルを保存する場所を決めてください。2回目以降は保存してもダイアログボックスは表示されません。

フォーマットは特に変更する必要はありません。バージョンによってはフォーマットが「テキストファイル」になっているものもありますが、そのままでOKです。EPS形式やPDF形式で保存する場合にフォーマットを切り替えてください。

ファイル拡張子が付いていないときは追加しておきましょう。Windows版イラストレーターでファイルを開くときに必要になります。

「別名で保存」ダイアログボックスで「保存」をクリックすると、続いて下記のような「Illustratorオプション」ダイアログボックスが出ます。

〔CS4 Mac版〕

こちらも基本的に、そのままOKで構いませんが、他人にデータを渡す場合は相手の環境に合わせてバージョンを選んで保存してください。


作業を終えるときは「ファイル」メニューの「閉じる」でウィンドウを閉じてください。

一度保存したファイルは、「ファイル」メニューの「開く...」で開いて作業を再開することができます。


Copyright(c) 2004-2018 D Factory. All rights reserved.