イラストレーター(AdobeIllustrator)ベジェ曲線講座どどファクトリー

イラストレーター(AdobeIllustrator)ベジェ曲線講座
初めてのイラストレーター(AdobeIllustrator)講座
3DCGのススメ
イラストレーター(AdobeIllustrator)講座掲示板
イラストレーター(AdobeIllustrator)展示室
イラストレーター(AdobeIllustrator)基本操作
イラストレーター(AdobeIllustrator)Q&A
イラストレーター(AdobeIllustrator)Q&A
吹き出し
Illustratorベジェ曲線講座工場長

20.パスを線として使う

パスを線として扱う場合です。

アドビ イラストレーター(Adobe Illustrator)でベジェ曲線をそのまま線として利用するなら、線の「色」と「太さ」を決めましょう。

イラストレーター(AdobeIllustrator)のパスの線設定

イラストレーターの場合、線の太さはパスの両側に半分づつ振り分けられるのが基本です(上のように10ptの線なら半分の5ptずつ)。IllustratorCS2からは、パスの両側に半分ずつでなく内側または外側に、指定した線幅の線を描くことができるようになりました。

印刷に使う場合の線の太さは、原寸で0.1mm(0.28pt)以下になるとかすれたり、消えたりすることがあります。線幅ごと縮小する場合は、線幅が0.1mm未満にならないよう注意しましょう。

ここでの単位は[環境設定(ショートカットは[command]+[K]キー(Mac)/[Ctrl]+[K]キー(Win))]の[単位]/「単位・表示パフォーマンス(CS4以前)]で線の項目から選んだ単位が適用されます。単位付の数値を入力すると自動変換されます。

色には「パターン」も指定できます。パターンについてのくわしいことは講座4-28[パターンを作る]をご覧ください。


Copyright(c) 2004-2018 D Factory. All rights reserved.