イラストレーター(AdobeIllustrator)ベジェ曲線講座どどファクトリー

イラストレーター(AdobeIllustrator)講座
初めてのイラストレーター(AdobeIllustrator)講座
3DCGのススメ
イラストレーター(AdobeIllustrator)講座掲示板
イラストレーター(AdobeIllustrator)展示室
イラストレーター(AdobeIllustrator)ベジェ曲線初級編
イラストレーター(AdobeIllustrator)ベジェ曲線応用編
shade初級編へ
吹き出し
Illustratorベジェ曲線講座工場長

3.Shadeの自由曲面とは

線形状を立体になるよう組み合わせたものが自由曲面です。

ベジェ曲線とは、2点以上のアンカーポイントを描くと、そのアンカーポイントとアンカーポイントの間を「計算によって作られる無数の点」で埋めていった結果に生まれる線のことです。
点を縦につないで線にしたものを、今度は横にも同じ仕組みで並べることにより、線から面を作り出しました。
この面のことを自由曲面と呼びます。見かけはアドビ イラストレーター(Adobe Illustrator)のメッシュに似ていますが、構造はかなり違います。

2本以上の線形状を「自由曲面」というパートの中に入れると、自由曲面として編集できるようになります。

Shadeの自由曲面の仕組み

面なので、後は折り紙のように曲げたり折ったりして立体のように扱うことができます。しかし折り紙と違って、切り込みを入れたり、切り欠いたりといったことができません(切り込みや切り欠きは、複数の自由曲面を組み合わせて、疑似的に表現します)。

実際の折り紙に比べて、優れているところは、縦横斜め、どちらにでも自由に伸びることです。

Shadeの自由曲面の仕組み2


Copyright(c) 2004-2016 D Factory. All rights reserved.