イラストレーター(AdobeIllustrator)ベジェ曲線講座どどファクトリー

イラストレーター(AdobeIllustrator)ベジェ曲線講座
初めてのイラストレーター(AdobeIllustrator)講座
3DCGのススメ
イラストレーター(AdobeIllustrator)講座掲示板
イラストレーター(AdobeIllustrator)展示室
イラストレーター(AdobeIllustrator)基本操作
イラストレーター(AdobeIllustrator)Q&A
イラストレーター(AdobeIllustrator)Q&A
吹き出し
Illustratorベジェ曲線講座工場長

14.Illustratorの編集メニュー

メニューにある、編集の項目についての説明です。

アドビ イラストレーター(Adobe Illustrator)の編集メニューには基本的な項目が含まれています。ほぼすべてのアプリケーションで共通するものが「取り消し・やり直し」「カット」「コピー」「ペースト」です。メニューの効果も他のアプリケーションと共通です。

*

●取り消し・やり直し

作業を取り消すことができます。[環境設定(ショートカットは[command]+[K]キー(Mac)/[Ctrl]+[K]キー(Win))]の「単位・取り消し」で指定した回数だけ取り消しができます。CSでは、回数の設定がなくなりました。空きメモリーに応じて自動的に決められます。

イラストレーターのようなドローソフトは扱うデータが軽いので、取り消し回数を多くしてもストレスなく作業できます。ショートカットは[command]+[Z]キー(Mac)/[Ctrl]+[Z]キー(Win)です。

取り消した回数分、作業をやり直すこともできます。ショートカットは[command]+[shift]+[Z]キー(Mac)/[Ctrl]+[Shift]+[Z]キー(Win)です。

*

●カット、コピー

選択したパス、アンカーポイント、セグメント、文字などをOSのクリップボードにコピーします。テキストエディタからテキストやPhotoshopの画像をコピー&ペーストすることも可能です。コピーとカットとの違いは、カットの場合はコピーした元の形状を削除してしまうことです。コピーの場合は元の形状を削除しません。

*

●ペースト

クリップボードにコピーしているパスやテキストを、アートボード上に作成します。イラストレーターでパスがペーストされる位置はウィンドウの中央です。文字ツールを使用中に文字をペーストすると、既存のテキストに文字を追加できます。(文字ツールに関しては、後の講座で改めて触れます)

*

●前面へペースト、背面へペースト

イラストレーター独自のメニューが前面へペースト背面へペーストです。

イラストレーターのパスやアンカーポイントをコピーすると、その位置までコピーされます。その後、前面へペーストや背面へペーストをすると、それぞれコピーした位置にペーストされます。同じ線を同じ位置に2本重ねたいときにも便利です。

イラストレーター(AdobeIllustrator)のペーストと前面へペースト

通常のペーストでは、ウィンドウの中央(アートボードの中央ではありません)にペーストされます。他の書類へペーストしても、同じ位置にペーストされます。(位置がずれるときは講座2[能率アップ編]-5 定規の基準を参照)

パスの順番は、前面へペーストするとすべてのパスの一番上に、背面へペーストするとすべてのパスの一番下に、ペーストされます。パスを選択した状態で、前面へペーストすると選択したパスのすぐ上に、背面へペーストすると選択したパスのすぐ下に、ペーストされます。

イラストレーター(AdobeIllustrator)の前面へペーストいろいろ

1. 元の形です。

2. 中央の黒をカットしました。

3-A. 何も選択せず「前面へペースト」すると、全体のパスの一番上にペーストされます。

3-B. 何も選択せず「背面へペースト」すると、全体のパスの一番下にペーストされます。

3-C. 黄色い円を選択した状態で「前面へペースト」すると、黄色い円のパスの上にペーストされます。

3-D. 黄色い円を選択した状態で「背面へペースト」すると、黄色い円のパスの下にペーストされます。

位置はすべて、最初に黒い円があった中央のままです。

*

イラストレーターでグループ化されているパスに対して前面(背面)へペーストすると、ペーストしたパスまでグループ化されます。(詳しくは講座2[能率アップ編]-6 グループ化されたパスを含んだペーストを見てください)


Copyright(c) 2004-2018 D Factory. All rights reserved.