イラストレーター(AdobeIllustrator)ベジェ曲線講座どどファクトリー

イラストレーター(AdobeIllustrator)講座
初めてのイラストレーター(AdobeIllustrator)講座
3DCGのススメ
イラストレーター(AdobeIllustrator)講座掲示板
イラストレーター(AdobeIllustrator)展示室
イラストレーター(AdobeIllustrator)ベジェ曲線初級編
イラストレーター(AdobeIllustrator)ベジェ曲線応用編
shade初級編へ
吹き出し
Illustratorベジェ曲線講座工場長

6.「1点に収束(バッテン)」と自由曲面のフタ

Shadeユーザにはお馴染の「バッテン」。ビギナーでもその名前の理由は一目瞭然でしょう。まさしく「バッテン」です。

Shadeのメニュー「作成」で作成できる円や長方形はアンカーポイント4点から成ります。4点ということは自由曲面にしたときに「開いた線形状」が4本に変換されます([Shade初級編]第4講座参照)。だから「1点に収束」すると4本の線形状の先が1ヶ所に集まるので「バッテン」が上部と下部にでき上がります。

この「バッテン」は、Shadeのデータのいろいろなところに見つけることができるでしょう。同じベジェ曲線を扱うアドビ イラストレーター(Adobe Illustrator)には見られない形状です。

Shade自由曲面の1点に収束

アンカーポイントが4点より増えて、縦方向の線形状の本数が増えると、「バッテン」ではなく集中線のようになります。

「1点に収束」の例外もあります。別の線形状のフタで出入口を閉じている場合です。このように複数の自由曲面を組み合わせている場合は、「1点に収束」させる必要はありません。

Shade自由曲面の1点に収束


Copyright(c) 2004-2016 D Factory. All rights reserved.